占いの歴史は古く、多くの人々の役に立っていましたが、昔は占いに奇妙なものが使われていたのでご紹介いたします。

ギリシャやローマなどのヨーロッパでは、溶融金属を使った占いが行われていた記録があり、金属を火で炙って冷水を垂らした時の形で占いをしたのだそうですが、現在でもフィンランドで行われているのだそうです。

遥か昔に行われていたとされている人柱占いは、神の怒りを沈める目的で生贄が捧げられたり、悍ましい方法で占いが行われていたのだそうです。

中国やアフリカなど多くの地域で行われていたとされている骨占いは、骨の模様を使って運勢を占ったり、ひび割れた骨の大きさなどによって答えを得る事ができたとされていますよ。

古代ローマで行われていた鳥占いは、飛んでいる鳥の鳴き声や種類、飛行のパターンなどから運勢を占っていたのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です