未来を見る事すらできるという易占いは全ての占いの基本だと言われていますが、今回は掛を見る方法についてご紹介いたします。

そもそも易占いは占竺を操作する事によって占うという事ですが、本卦には様々な情報が入っていて、吉凶を見るためにその情報を読み解いて解釈したり、陰陽の記号から判断する事もできるのです。

易は変爻を重視していて、そこから未来を導き出す占いなのですが、本掛や変爻を別の方向からも見てみたりして、現在や過去を知るという事なのです。

過去を知る事によって、未来の意味を解釈する事ができますので、掛からしっかりと読み取る事が大切なのです。

本格的に易占いをやってみたいと考えているなら、テキストである易書を参考にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です