人気のお菓子、クレープを使ったフランス発祥の占いについてご紹介いたします。

フランスでは毎年2月2日にシャンドルールというイベントがあり、クレープを食べる日なのです。

クレープ占いは、フランスの偉人であるナポレオンも行なっていたと言われていて、名前の通りクレープを使う占いですよ。

片手にコインを握った状態で、もう片方の手でフライパンを持ち、焼けたクレープを投げてひっくり返して、キャッチする事ができれば、その1年間が上手くいって幸運が訪れるという占いなのです。

フライパンとコインとクレープの材料があれば誰でも気軽に楽しめますので、自宅でクレープを焼く機会がある方は、火傷に注意しつつ、ぜひ一年の運試しとしてクレープ占いをやってみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。