インド占星術は名前の通りインドで発展した占星術であり、西洋占星術とは共通点もありますが、違う占いですよ。

インド占星術も西洋占星術と同じように星座や天体が用いられていて、ハウスやサインという考え方がありますが、星座帯はインド占星術ではサイデリアル方式を採用しているため実際の天体配置を重視しているのです。

西洋占星術ではトロピカル方式が用いられていて、インド占星術とは24度ほど惑星の位置がズレる可能性がありますよ。

インド占星術では、個人天体の他にラーフやケートゥと呼ばれる虚星が使われていて、西洋占星術でラーフはドラゴンヘッド、ケートゥはドラゴンテイルと呼ばれています。

西洋占星術とインド占星術では凶星が異なり、インド占星術だと太陽と火星と土星、さらにはラーフとケートゥが凶星に該当しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。