指の関節に現れる仏眼は、基本的には親指の第一関節に出る目のような形の手相ですが、この手相は位置や線の状態によって意味合いが違ってくるのだそうです。

親指の第一関節に仏眼があったら霊感や第六感が優れていたり、先祖からのご加護があったり、スピリチュアルな手相として有名なのです。

仏眼が両手にある人は霊感と感受性が強く、神仏からのご加護が得られたり、他人の気持ちを察する直観力にも優れているでしょう。

仏眼が他の指の関節にも出ている場合、親指以外の仏眼も直感や霊感などの強さを表していると言われていますよ。

仏眼が二重になっている人は、一重の手相よりも霊感が強く、見抜く力に優れていたり、気配り上手な人が多い傾向があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です