東洋占星術は東洋で生れ発展した占いの事であり、元々は紀元前4世紀頃の古代バビロニアが起源だとされていますよ。

古代バビロニアからインドに伝わり、発展したインド占星術は5千年の歴史があると言われていて、西洋占星術の影響も強く受けていると言われています。

紀元前2500年頃の古代中国では、国家への反乱を防ぐ目的で秘密裏に上流階級のみ使われていたとされていたのだそうです。

古代バビロニアからインドや中国に伝わり、日本には8世紀頃に陰陽五行説と共に伝わったと言われていますよ。

東洋占星術は暦と結びついていて、太陰暦や月の周期も関係しているとの事ですし、本命星や宿曜の考え方は現代の占いにも東洋占星術の考え方が強く影響を与えているのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です