今や誰もが持っているスマホには危険な機能も存在していますから、ご紹介いたします。

スマホに搭載されている時計アプリを使い、起きたい時間にセットしたり、スヌーズ機能で二度寝を防止するなど目覚まし機能として使った事のある方もいるかもしれません。

近年では、寝る前までゲームや動画やSNSを見たり、枕元で充電しながら寝ているという人も多いかもしれませんが、この行為はとても危険なのだそうです。

スマホを枕元に置いていて頭痛を感じたり、前よりも寝付きが悪くなったという人も多いと言われていて、これはスマホのブルーライトや電磁波が影響しているのではないかと言われているのです。

過去にも電磁波による脳への悪影響が問題になっていますし、スマホの使用には注意が必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です