iPhoneの乗っ取りを防ぐなら、設定するべし!

iPhoneは乗っ取りなどの被害が報告されていますが、乗っ取り被害を防ぐ方法がありますよ。

iPhoneを探す際にはPCで紛失モードをオンに設定することにより、パスコードを設定していないiPhoneに新しいパスコードを設定することができますので、不正使用も防ぐことができるのだそうです。

不正アクセスもパスワードを設定しておくことにより防ぐことができますが、パスコードを設定していないとiPhoneの身代金を請求されたり、乗っ取られることもあるのだそうです。

iCloudのiPhoneを探すという設定をオンにしているなら、パスワードも一緒に設定をしておくと良いでしょう。

また、AppleIDでも専用のパスワードを考えて設定しておくと、不正な使用から防ぐことができるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です